暮らす教室、暮らすキッチン<みちくさくらす>


並木さんファミリーは、マナビダイスキのファミリーアンバサダーにも手をあげてくださいました!

プロジェクト名:みちくさくらす


主催者:並木義和さん


ホームページ:

https://michikusakurasu.com/

Face Book:

https://www.facebook.com/michikusakurasu/


みちくさくらすは、新宿区牛込柳町にあります。穏やかな日差しがが差し込む写真からは、並木さん家族やまちの人たち、集まる子供たちが紡ぐ穏やかで優しい時間が伝わります

みちくさくらす、とは

みちくさくらすは子どもが放課後をいきいきと、アットホームな環境で過ごす事が出来る教室と、子育て世代を中心とした地域の人々が美味しいごはんを食べることができるキッチンからなる暮らしづくり複合施設です。建築を仕事にし、3歳0歳の娘を子育て中の共働き夫婦が元クリーニング屋さんをリノベーションしてつくりました。


みちくさくらすでできること  

みちくさくらすは既存施設やサービスではカバーできない自由度のあるこれからの居場所を目指します。地域の方々を巻き込んでアットホームな環境を作っていきます。2Fの教室は放課後毎日オープン。普段は気軽に立ち寄れる普段使いの先生常駐型自習室として開室。不定期で好奇心をくすぐる講座、ワークショップを開催します。1Fのキッチンは体に優しいお弁当、お惣菜、おやつを販売しています。仕事帰りに、お子さんのお迎えのついでに、気軽に立ち寄れるよう1Fの教室の開室時間に合わせてオープンしています。自分のお店を持ちたいという方にキッチンをレンタルできるようにもなっています。そして、放課後の時間以外は2F教室、1Fキッチンともにレンタルスペースとして勉強会やワークショップ、料理教室やパーティーなど様々なシーンで利用できます。


食育や色育、デザインなどをテーマにした子ども向けワークショップ、親子で参加できる英会話、ダンス、「持ち寄りごはん会」「みちくさくらすまちびらきday」といった地域イベント 、そして週末には、キッチンでお弁当とお菓子「takiben」(毎週日曜営業)時々お弁当「みちくさcafé」(毎週土曜営業)も。

●活動に込めた思いやビジョン、メッセージ

「小1の壁」という言葉でも表される通り、小学生家庭は毎日子どもをどう過ごさせようか悩んでいるようです。一日の大半を占める放課後の時間があるにも関わらず、子どもが自由に、新しい学びを享受できる機会は減っています。また、子育て世代は毎日大忙し。たまには罪悪感のない安心で美味しいごはんを食べて帰れる場所があれば、気軽に立ち寄れる場があれば、と考えているご家庭が多いようです。特に大都会新宿には多様な人が生活しているのに、人間関係が希薄で居心地がよくない環境になりがちです。  

私たちは大都会新宿で、子育てまっただ中の夫婦として、建築を生業とするものとして、子育て世代を取り巻く都会の環境を変えたい!そんなところからみちくさくらすをスタートさせました。


<みちくさくらすのミッション>

1.子どもの放課後の時間をいきいきしたものにする

2. 生きる力、考える力、創造力、表現力、コミュニケーション力が高い子どもを育てる 3.子育て中のパパママをもっと笑顔にする

4.リアルな場での人と人との思いがけない出会い、交流をデザインし、楽しさを共有する


みちくさくらすはスタートしたばかり。様々な人を巻き込みながら運営準備中です。みちくさくらすのコンセプトに共感して運営をお手伝いして頂ける方、料理を作ってくださる方、子ども向け講座を定期的に開催して頂ける方などを募集しておりますので、少しでもご興味があれば気軽にご連絡ください。お店は週末のみのオープンですが、家族みんなでお待ちしております!


●これからの活動予定

・2019年7月(夏休み頃)より放課後の教室運営開始予定

・ 地域で活躍する方々をバーテンダーにお迎えしてお話を伺いつつ、気軽に飲み、交流する参加型イベント「みちくさbar」を不定期で開催


その他子ども向けイベント、自主企画イベントも随時開催予定。 詳しくはHPFacebookInstagramをチェックしてください♪




運営団体:一般社団法人マナビダイスキ   プライバシーポリシー